痛みや不調に対しての考え方を変える努力をしましょう

当院の施術に対しての考え方については、こちらをご覧ください。

 

痛みや不調といった症状を改善させるために、必要なことがいくつかあるのですが、今日は痛みや不調に対しての考え方についてお話いたします。

まず、痛みや不調を長く患ってらっしゃる方の特徴として、良くならないのではないか?と不安を抱えているということがあります。

私も若い時に、長い間めまいで悩んだ時期がありますので、お気持ちはとてもよく分かります。

どこに行っても、何をしても、症状が改善どころか変化すらしないので、このまま一生付き合っていかなければいけないのだろうなと、私もとても不安になった経験があります。

考え方を変えると簡単に言ってはいますが、実はそれが非常に難しいことでして、特に症状が慢性化していたりする方の場合ですとなかなか考え方というのは変えにくいところがあります。

ですが私は、その考え方を変えるきっかけというのを様々な角度から提案させていただいております。

様々な症状の患者さんの施術を長年やっていると、その痛みや不調、症状に対しての考え方や捉え方が変わっていくと、経過や結果がとても変わるなと実感しております。

 

人間の脳の仕組みが関係していることですので、たったそれだけのことだと思われがちなのですが、その「たったそれだけのこと」が症状を変化・改善させるためにはとても重要になります。

詳しい話は、またの機会にお話したいと思います。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にLINEでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、施術中は留守電にしていますし、休診日や診療時間外は留守電になっています。

折り返しに時間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL