慢性腰痛、ぎっくり腰がクセになる理由

ソース画像を表示

当院の施術に対しての考え方については、こちらをご覧ください。

 

慢性腰痛やぎっくり腰で、病院や整骨院・整体院に行くと、大抵の先生が、

「クセになっている」

とおっしゃいます。

「クセになっている」

という表現はとても万能で、相手を黙らせられる魔法の言葉だと思っています。

ただ、「クセになっている」という表現は、私は大嫌いです。

実際に、「クセになる」ということは結果に対してしかアプローチ出来ていないケースだけです。

的確に原因の部分に対してアプローチが出来ているケースについては、クセにはなりません。

本日は、慢性腰痛やぎっくり腰の本当の原因についてお話いたします。

慢性腰痛やぎっくり腰の本当の原因は、動きの連動性の悪さです。

特に、股関節の可動性が悪くなっていくと、様々な動作の中で腰に負担がかかるようになってしまいます。

股関節の動きを悪くしてしまうのが、お尻の筋肉とお腹から鼡径部の深い場所にある筋肉(腸腰筋)の硬さです。

筋肉の硬さにより、筋肉の伸び縮みが上手くいかなくなり、動きの連動性が失われていくというわけです。

 

腸腰筋と聞いて、どこの部分にあり、どのように作用している筋肉かということが分かる方は、ここで読むのをやめてもいいです。

腸腰筋は、ほとんどの方が聞き馴染みのない名前の筋肉だと思います。

腸腰筋とは、下の図のように大腰筋という筋肉と、腸骨筋という筋肉の2つからなります。

この図は、身体を前側から見た図です。

この腸腰筋は、前から見た時に一番奥にあります。

腸腰筋の手前に内臓(小腸、大腸)があり、さらにその手前に腹筋があります。

ですから腸腰筋は、直接触ることが出来ない筋肉になります。

この腸腰筋やお尻の筋肉に硬さがあると、身体の動きの連動性(特に腰の骨、股関節、骨盤)が制限されてしまいます。

そのせいで、動作の中で腰に負荷がかかってしまうということが、大半の慢性腰痛とぎっくり腰で起こっています。

ですから、お尻の筋肉と腸腰筋の硬さが取れれば、慢性腰痛は症状が変化していき改善に向かっていきます。

ぎっくり腰に関しても、ぎっくり腰が起こるリスクはとても減りますし、万が一ぎっくり腰になってしまっても軽傷で済むというケースが多くなります。

逆に言うと、お尻の筋肉や腸腰筋の硬さが取れなければ、慢性腰痛は症状の変化すら起きませんし、ぎっくり腰を再発するリスクもかなり高いということが言えます。

 

ただ単にクセになるのではなく、お尻の筋肉や腸腰筋の硬さがあると、動きの連動性が失われ、動作の中で腰に負担がかかることが増えてしまうため、お尻の筋肉や腸腰筋の硬さがある人が、クセになりやすいというのが正しい表現になります。

 

お尻の筋肉や腸腰筋の硬さを取って、慢性腰痛やぎっくり腰とは無縁の生活を手に入れましょう。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にLINEでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、施術中は留守電にしていますし、休診日や診療時間外は留守電になっています。

折り返しに時間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL