自律神経が乱れてしまう寝る前のNG行動

ソース画像を表示

自律神経の乱れから、様々な身体の不調が起きてしまいます。

自律神経が乱れてしまう人と乱れない方というのは、寝る前の行動に差があります。

本日はそちらをお話いたします。

まずこちらの寝る前の項目をご覧ください。

 

・横向きやうつ伏せでゴロゴロ

・お風呂に浸からずシャワーだけ

・寝るギリギリまでスマホやテレビ

・お茶やコーヒーや紅茶などカフェインを摂取

・明るい部屋で眠る

・寝る直前に水や白湯を飲まない

・夜ご飯の代わりにお菓子やスイーツ

・寝る時間がいつもバラバラで不規則

・ストレスを吐き出さずに溜め込んでしまう

 

こちらの項目で、あなたは何個当てはまりますか?

3個以上当てはまる人は、注意が必要です。

当てはまる項目が多い方は、ダメなことをやっているなと分かっている方が多いです。

ぐっすり眠れるようになりたいと思っていても、なかなか行動に移せないのが現状だと思います。

ですから本日は、簡単に睡眠の質を上げることが出来る寝る前のルーティーンをご紹介いたします。

 

1、寝る前にコップ1杯の水(白湯)

寝る前に常温の水や白湯を飲むことで、睡眠中に血流が低下することを妨げることが出来ます。

白湯だとより良いと言われています。

※ラジオで、歌手で俳優の福山雅治さんも、寝る前の白湯はとてもオススメだとおっしゃっていました。

 

2、足上げで血流UP&1日の疲れ回復

やり方はとても簡単で、壁際に寝転がり60秒間、壁に向かって足を上に上げるだけです。

むくみ解消の効果もとても高いです。

 

3、腹式呼吸でリラックス

眠る前に上向きでリラックスし、目を閉じた状態で腹式呼吸をしましょう。

腹式呼吸とは、鼻から吸った時にお腹が膨らみ、口から吐く時にお腹がへこむ呼吸のことです。

大きく吸って大きく吐く腹式呼吸を、10~20セット行ってください。

腹式呼吸をしながら、そのまま眠りについてしまうのがとても効果的と言えますので、眠る直前にやってみてください。

 

睡眠の質が上がれば、自律神経の乱れは改善していきます。

出来ることから少しずつ、実践していただければと思います。

 

上記のことで、ご不明な点がある方は、お気軽にお問い合わせください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL