睡眠について③

本日は、質がいい睡眠のために必要なことについてお話いたします。

 

大前提として、生活リズムを確立させるということがあります。

寝る、起きる、食べる、お風呂など、毎日欠かさずやることを規則正しく行うことが、質のいい睡眠をとるためにとても必要なことになります。

 

生活リズムを確立する中で、質のいい睡眠のために特に有効なのは、朝起きてすぐに太陽の光を浴びることです。

次に有効なのは、太陽を浴びてから、あまり時間を空けずに食事を摂ることです。

 

食事は、極力バランスのいい食事を心がけましょう。

寝る3時間以上前までには済ませ、胃や腸を休ませた状態にしてから寝るのが理想的です。

また、質のよい睡眠のためには、極力身体を温める食べ物を選ぶのも大切です。

人間は、高くなった体温が下がる時によく眠れるそうです。

ですから、身体を温める食材を積極的に摂取するようにしましょう。

 

運動は夕食後1時間以上経っており、寝る2時間以上前までに行うといいでしょう。

適度な疲労感というのは、質のいい睡眠を求めるに当たり非常に不可欠なものです。

しかし寝る直前に運動をしてしまうと、体温が高くなりすぎて寝付くのが難しくなってしまいますので、注意が必要です。

 

入浴は、出来れば40℃くらいのぬるめのお湯でゆっくり半身浴をするのが効果的です。

リラックス効果はもちろん、高くなった体温を下げようと血管が開くことにより、副交感神経が優位の状態になります。

そして血流のよくなった手足から熱が逃げていき、体温が下がることが起きるため寝付きやすくなるのです。

 

明日は、質のいい睡眠を得るためのアイテムについてお話いたします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL