枕についての続き

昨日、枕についてお話しましたが、その続きをお話いたします。

昨日の投稿はこちらからご確認ください。

寝具について

 

首や肩や背中に症状がある方は、高さのある枕を好む傾向があります。

それは、首の骨の本来の前側の弯曲が失われていることで、高さのある枕じゃないと頭に枕がフィットしなくなるからです。

しかし、その状態に慣れてしまうと、首の本来の弯曲は失われたままになりますし、それが原因で首や肩や背中の症状は一向に改善しません。

私が枕無しを推奨するのは、人間本来の自然な首の弯曲を取り戻せるからです。

そのきっかけを作るやり方を本日はお話いたします。

 

1、バスタオルを半分に折ります。

2、半分に折ったバスタオルをさらに半分に折ります。

3、そのタオルをきつめにグルグルと筒状になるように巻いていきます。

このようになれば正解です。

上向きになり、このようにしたタオルを横向きしてに首にフィットさせるように置きます。

5分~10分力を抜いてリラックスした状態になります。

これを、朝晩2回やるようにしてください。

そうすると、人間本来の首の弯曲が戻りやすくなります。

是非一度、やってみてください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL