施術の上手さは引き出しの多さに比例する

当院の施術に対しての考え方については、こちらをご覧ください。

 

先日あるお医者様が、お医者さんで施術が上手い人の特徴を話されていました。

それは、施術に対しての引き出しがいかに多いかということだとおっしゃっていました。

つまり、何かイレギュラーなことに直面した際に、切り抜ける力があるかどうかということです。

私のように、身体の痛みや不調を改善させるという仕事に関わっている先生方でも、全く同じことが言えると思います。

例えば腰痛の患者様で、結果が出ないことがあるとしましょう。

施術の効果が出せない先生は、施術の引き出しが少ないため結果が出なくても毎回同じやり方で施術をしていくのが特徴です。

施術の効果が出せる先生は、結果が出ない施術のやり方はやらずに、次々とやり方を変えて施術をしていくのが特徴です。

 

私は、施術に対しての引き出しがとても多くあります。

腰痛にはこの施術、肩こりにはこの施術というように、パターン化する施術はしません。

身体の中で何が起きていて、症状が出ているのか?という部分に対して掘り下げていき、どうすれば症状が変化し改善に向かっていくかという部分に対してアプローチをしていきます。

 

よく、今まで〇〇人診てきた施術の経験がありますという方がいます。

目安として、今まで診てきた患者さんの数で判断していただけるのもいいのかもしれません。

ですが、施術してきた数が多いからと言って、きちんとした施術が出来るとは限りません。

大変失礼な言い方ですが、マッサージの施術をする人は、沢山の患者さんを診ていたとしても、所詮マッサージです。

マッサージの施術というのは、症状を変化させられる施術のやり方は多いのですが、改善させられる施術にはなかなか巡り合えません。

マッサージの施術の場合、多くのところが施術の流れを決めていて、その流れ通りマッサージをしていくというところがほとんどです。

ですから沢山数をこなしていても、残念ながら出来ることはかなり限られています。

私はこれまでに、様々な勉強をしてきました。

その中で、自分の理想と言える施術に対する考え方ややり方を追及してきました。

イレギュラーなことが起きたとしても、様々な可能性を考え、それに対応してやっていけるのが私の施術の強みだと思っています。

どこに行っても痛みや不調がなかなか改善しない方には特に、当院で施術を受けていただきたいです。

痛みや不調でお困りの方は、まずはLINEでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、施術中は留守電にしていますし、休診日や診療時間外は留守電になっています。

折り返しに時間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL