当院がなぜ健康保険を使った施術をしないのか?

私は、国家資格である柔道整復師という資格を所有しています。

柔道整復師とは、整骨院や接骨院で、健康保険を使った施術が出来る資格です。

本日は、私が保険請求が出来る柔道整復師であるのにもかかわらず、当院が自費診療のみをやる理由についてお話いたします。

 

当院は4月で、開業して3年が経ちました。

開業した当時、熊本市内で整骨院を開業されている同業者の先生(学生時代の先輩)に、

「健康保険を使ってやらないとすぐ潰れる」

「熊本の人は高いお金を出して施術に来ない」

「金儲けに走るな」

など、散々なことを言われました。

私としては、健康保険に依存した従来のやり方こそ、開業することや続けてやっていくことに対して不安しかなかったため、その先生と話をして散々な言われ方をしましたが、自分自身の考え方や先々を見てやっていこうとしていることに対して全くブレなかったので、とても安心したのを覚えています。

 

私が初めから自費診療のみで勝負したのには、いくつか理由があります。

1つ目は、頼ってくださる方の症状に真摯に向き合う時間が作れるからです。

保険診療をしてしまうと、数をこなさなければいけなくなるので、1人にかけられる時間がとても限られてしまいます。

流れ作業のような施術になってしまうと、施術の効果も当然低くなってしまいますし、患者様の満足度も当然下がります。

 

2つ目は、不正請求をしたくなかったからです。

残念なことに、世の中の整骨院の大半が、何かしらの方法で不正請求を行っているのが現状です。

不正な請求をやっていない整骨院を探すのが困難なくらい、整骨院の業界に不正請求という行為がまん延しています。

不正請求をしていない整骨院は、間違いなく経営がうまくいかなくなり潰れてしまうため、探すのが困難ということです。

 

私が自費診療だけで勝負しているのは、大きく言うと、この2つの理由からです。

私を頼ってくださる方の症状を変化・改善させられるように、他のどこの先生方よりも真剣に向き合い取り組んでいきます。

お困りのことがあれば、お気軽にLINEでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、施術中は留守電にしていますので、折り返しのご連絡に時間がかかる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL