寝ようとしても眠れない時の対処法

ソース画像を表示

みなさんは、寝ようとして布団やベッドに向かったけれど、眠れない経験をしたことがありますか?

また、なかなか寝付けない日が続いていたり、考え事をしてしまい夜眠れなかったりする方はいませんか?

本日の内容は、そんなお悩みがある方に、是非最後まで読んでいただきたい内容となっております。

 

今日も寝れないかもしれない。

明日は絶対に遅刻出来ない。

早く寝なければ。

 

そのように思いながらですと、寝ようと思えば思うほど、寝ようとすればするほど、ますます寝れなくなり、どんどん悪循環に陥ってしまいます。

 

それが習慣になってしまうと脳が、

寝室=寝る以外のことをする場所

という風に認識してしまうようになり、どんどん眠るモードから遠ざかっていってしまいます。

 

なかなか寝付けない時の対処法としては、

「眠たくなるまで寝室に行かない」

ということです。

 

寝る数時間前から、テレビや携帯電話を見るのを制限し、部屋を暗くしてリラックスモードに入れば、寝室以外の場所でも必ず眠たくなっていきます。

 

寝室に行っても眠れないという経験が積み重なっていくと、脳は

寝室=寝れなくて辛い場所

という認識をしてしまうようになります。

 

眠くなってから寝室に行くようにすることで、

寝室=寝る場所

という風に脳の認識を変えられるので、スムーズに寝ることが出来るようになっていきます。

 

興奮してたり、考え事をしたりして眠れない時には、眠くなるまで寝室に行かないようにしましょう。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にLINEでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、折り返しに時間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL