動きの悪さ

人間の身体は、様々な部分が連動して動いています。

例えば歩く動作の際の腰周辺の動きで言うと、腰の骨(腰椎)・股関節・骨盤の3つが連動して動いています。

肩関節の動きにしても、肩関節・肩甲骨・鎖骨・首の骨(頚椎)が連動して動いています。

様々な症状の根本的な原因として、動きの連動性が悪いということが挙げられることが非常に多いですし、様々な勉強会で結果を出し続けている同業者の方は、決まってその部分の重要性をおっしゃる方が多いです。

実際に、様々な症状の様々な患者様を施術してきて、私自身もその部分の重要性に注目して施術をするようになってから、今まで以上に結果が出るようになりました。

 

動きがいいとか動きが悪いという部分には、自分自身で気付くということはなかなか難しいです。

どこかに症状が出てしまってから、結果的に動きの悪さが分かるというケースが非常に多いため、患者さん自身に動きの悪さの自覚がないことが多いです。

根本的な症状の改善を目指すのであれば、動きの悪さを見極めて、動きの連動性を出すということが非常に重要になってきます。

当院ではそこを意識して施術をさせていただきます。

お困りの方は、選択肢の一つとして当院のことを気にかけていただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL