ストレス対策にマグネシウム

টুইটারে Miracle Splash: "【保存版!マグネシウムについての纏め】 ①マグネシウムの働き マグネシウムは、体内化学反応(タンパク質合成、筋肉や神経の機能、血糖や血圧のコントロール等)の80%に何らかの形で直接関与。325もの酵素の働きを助けたり、環境化学  ...

ストレス社会な世の中で、仕事や人間関係で日々ストレスを感じてらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

最近はそれに加え、新型コロナウイルスのこともあり、様々なことに頭を悩ませてらっしゃる方も増えていると思います。

そんな時に、対策として非常に有効になっていくのが、マグネシウムです。

本日は、それを詳しくお話いたします。

 

現代人の食事は、様々な栄養素が不足していると言われています。

その中でも、ビタミンとミネラル(マグネシウム)の不足は深刻です。

まずはじめに、マグネシウムが不足しいているかをチェックしていきましょう。

足がつりやすい

まぶたがピクピクする

手足がしびれる

疲れやすい

記憶力の低下

憂うつ、不安

イライラしやすい

頭痛

睡眠が浅い

下痢、便秘をよくする

あまり食欲がない

高血圧だ

冷え性だ

アルコールをよく飲む

精神的なストレスが多い

こちらのチェックは、4つ以上が黄色信号で、6つ以上は赤信号と言われています。

(出典:食べてうつぬけ 奥平智之著)

 

マグネシウムは、300以上もの代謝に関わる非常に重要なミネラルです。

ですがマグネシウムは、体内への吸収率が悪いミネラルになります。

ですので、浪費しない(無駄なことに使い過ぎない)ことが大切です。

そのもっとも控えるべきが、アルコールです。

どうしても、

ストレス解消=アルコール

になりがちですが、アルコールの摂取というのは、よりマグネシウムを浪費してしまいますので、控えるようにしましょう。

 

先ほど述べたようにマグネシウムは、吸収しづらいミネラルです。

そのため一気に摂るのではなく、こまめに摂るということが有効になります。

サプリメントで摂るのもいいのですが、食品から摂るのがベストと言えます。

マグネシウムは、海藻類や豆類、豆腐などに多く含まれます。

これらを積極的に摂るようにしましょう。

 

海藻類や豆腐などを食べる

にがりを入れてご飯を炊く

味噌汁などの汁物ににがりを入れる

ゲロルシュタイナー(ミネラルウォーター)を飲む

マグネシウムオイルを使ってボディケアをする

 

など、自分で取り入れやすいものを普段の生活に導入していきましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL