正しい姿勢にこだわりすぎるのは良くない

ソース画像を表示

当院の施術に対しての考え方については、こちらをご覧ください。

 

正しい姿勢がどのような姿勢かというのには、明確な基準があります。

ですが、それにこだわりすぎるのは良くありません。

人間は、代償動作という動作を無意識にしています。

痛みや不調がある時に、その痛みや不調を感じないように身体を動かすことを、代償動作と言います。

代償動作をすることによって、身体を動かしていますので、その代償動作を奪ってしまうようなことをやってしまうと、症状が広範囲になってしまったり、重症化してしまったりするケースがよくあります。

その代償動作を奪ってしまうようなことの代表例が、正しい姿勢を意識しすぎることや、歪みを整えすぎてしまうことです。

そもそも、身体の歪みについては言いたいことが山ほどありますので、これも時間がある時にみなさんにお伝えしていければなと思っています。

意外と知られていないのですが、正しい姿勢を意識させる場合に、間違った認識でやっている方が非常に多いです。

多くの整骨院の先生や整体院の先生は、正しい姿勢を意識させる時に、

「胸を張りましょう」

という言い方で正しい姿勢を意識させようとしています。

ですが、「胸を張る」という部分に意識を持っていってしまうと、逆効果です。

「胸を張る」という状態を作るよりも、「結果的に胸が張れている」という状態を作り出すことが、代償動作を奪わずに正しい姿勢を手に入れることが出来る唯一の方法になります。

具体的なやり方を文にすると、伝わりにくいですので、詳しくは直接お話させていただければと思います。

くれぐれも、間違った意識で姿勢を正しくするということをしないようにしましょう。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にLINEでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、施術中は留守電にしていますし、休診日や診療時間外は留守電になっています。

折り返しに時間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL