ぎっくり腰を繰り返してしまう原因

ソース画像を表示

熊本県では、本日の夜から明日にかけて台風が最も接近し、明日いっぱいまでは注意が必要のようです。

みなさんも、不要不急の外出は避け、安全な場所で過ごすようにしましょう。

 

当院の施術に対しての考え方については、こちらをご覧ください。

本日は、ぎっくり腰を繰り返してしまう原因をお話いたします。

ぎっくり腰を経験したことがある方の大半の方が、1度だけではなく何度かぎっくり腰を経験されています。

そしてそのような方々が、ぎっくり腰で整形外科や整骨院へ行くと、「クセになっている」という言葉で片付けられてしまうことがとても多いです。

ぎっくり腰というのは、適切な施術を受け、的確な部分へのセルフケアが継続して出来ると、クセになることはありません。

クセになってしまうという間違った認識をするのではなく、患者さん自身が原因に対して正しく理解をすることもとても大切なことです。

それが出来ているか出来ていないかで、変化・改善までの経過が全く違います。

そのために私は、どんな年齢の患者さんに対しても詳しく説明をしています。

 

ぎっくり腰を繰り返してしまう原因は、身体の動きがうまく連動していないということです。

身体の動きがうまく連動しない状態で身体を動かし続けたことにより、腰の部分に負荷がかかってしまい、ぎっくり腰になってしまうというケースがほとんどです。

どこがうまく連動していないのかや、どうすれば身体が連動するようになっていくかなどの詳しい話は、実際に来られた方にしっかりお話いたします。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にLINEでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、施術中は留守電にしていますし、休診日や診療時間外は留守電になっています。

折り返しに時間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL