痛みや不調を強く感じている時にしなければならない対処法

ソース画像を表示

私の施術に対する考え方などは、こちらをご覧になられてください。

 

痛みや不調を強く感じてしまっている時にしなければならない対処法としては、極力痛みや不調を感じないような姿勢をとるということです。

人間の身体や脳は、痛みや不調を感じる状態にあると防御反応を起こします。

無意識に、痛みや不調がある周りの筋肉に力を入れたり、その部分を使わないようにして、痛みや不調を感じないようにするということをしてしまいます。

それが起きてしまうと、筋肉の硬さはどんどん広がってしまいますし、常に交感神経が働いている状態になりますので、自律神経が乱れた状態になってしまいます。

そうならないように、痛みや不調を感じる姿勢は極力避けて、出来る限り楽な状態でいれる姿勢をとるということをしましょう。

 

それ以外にも、呼吸法で痛みや不調がコントロール出来るケースがありますので、痛みや不調が強い場合はゆっくり腹式呼吸(1分間を3~5セット)をするようにしましょう。

 

痛み止めについての考え方についても、痛み止めを飲んで痛みや不調が軽減するのであれば、用法容量を正しく守った上で積極的に痛み止めを服用してください。

痛み止めを飲んでも痛みや不調の変化が出ない場合は、飲んでも意味がありませんので飲まなくていいです。

内臓に負担をかけるだけになってしまいますので、飲んでも何も変わらない場合は、即座に飲むのを中止してください。

 

シップに対する考え方も同じです。

シップを貼って効果を感じるのであれば、貼っていいですし、シップを貼っても効果を感じない方の場合は、意味がないので貼るのを中止してください。

痛みや不調を我慢したり、痛みや不調に耐えたりすることは、自律神経を乱れさせてしまうため、痛みや不調がなかなかとれなくなってしまい、逆効果になることがほとんどです。

脳へのインプットの情報もおかしくなってしまいますので、痛みや不調を我慢したり、痛みや不調に耐えたりすることは、やめるようにしましょう。

痛みや不調が強い時は、飲み薬やシップ、痛みが緩和する体勢をとるなどして、対応していいただければと思います。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にLINEでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、施術中は留守電にしていますし、休診日や診療時間外は留守電になっています。

折り返しに時間がかかる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL