ヘルニアの施術において何が最も大切か?

ソース画像を表示

当院の施術に対しての考え方については、こちらをご覧ください。

 

椎間板ヘルニアとは?ということを説明出来る方は、私のような仕事をしていない方でもある程度おられると思います。

今はインターネットで検索すると、情報の信ぴょう性は置いといて、ある程度の情報は手に入る時代です。

椎間板ヘルニアとは、背骨の間にある椎間板と言われるクッションのような軟骨が、様々な原因で飛び出してしまい、神経に触れてしまうことにより痛みが出てしまうものです。

それが首で起きてしまえば「頚椎ヘルニア」と呼ばれますし、腰で起きてしまえば「腰椎ヘルニア」と呼ばれます。

 

この仕事を長くしていると、椎間板が飛び出して神経に触れていて症状が出ているという定義に対して、本当にそれが全ての原因なのか?と疑問に感じることが多々あります。

もしそうだとすれば、一日中、四六時中痛いはずですよね?

ですが多くの椎間板ヘルニアでは、そうではなく、何かをすると痛みが出るという方ばかりですので、一概にその定義が正解とは言い切れないなと思っております。

実際に、整形外科でのMRIでの画像診断において、椎間板ヘルニアの所見があるのにもかかわらず、椎間板ヘルニアの症状が全くないケースがあります。

逆に、画像診断上、椎間板ヘルニアの所見がないにもかかわらず、椎間板ヘルニアの症状が出ている方もおられます。

どんな疾患、どんな症例でもそうだと思うのですが、画像上の所見を鵜呑みにするのではなく、今目の前で起きているリアルな状況に対して、私たちは向き合っていかなければならないなというふうに思っております。

 

椎間板ヘルニアの定義の部分に関しては、最初にも言いましたが、施術に従事していない方でも知っている方は多いです。

ですが、

なぜ椎間板が飛び出してしまうのか?

という部分に関しては、施術に従事している方でも知らない方が非常に多いです。

それが分かっていないため、どんな施術をしていけば症状が変化・改善していくのかが分からずに、結果が出ない先生方が多いのです。

当院では、なぜ椎間板が飛び出してしまうのか?について深く理解しており、それに対して非常に的確な施術をすることが出来ます。

ですから椎間板ヘルニアの施術においても、高い改善率、低い再発率での施術が出来ているということが言えるのです。

 

余談になりますが、世の中には様々な整骨院・整体院がありますよね?

数が多すぎて、どこに行けばいいか分からないという方が多いですし、症状を改善出来るかの見極めも難しいという話をよく聞きます。

症状を改善出来るか出来ないかを見極める簡単な方法があります。

なぜそうなっているか?

という部分を問いかけていただくだけです。

自信を持ってすぐに答えられる先生は、症状を改善させられる可能性が高い先生だと思います。

逆に、自信なさげだったり、うやむやにする方だったり、話をすぐに変えるような方は、症状を改善させられない先生だと思っていただいて結構です。

これを覚えておいていただけると、整骨院や整体院選びで苦労することは少なくなるでしょう。

少しでも多くの方が、しょうもない整骨院や整体院に騙されないようになればなと思っております。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にLINEでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、施術中は留守電にしていますし、休診日や診療時間外は留守電になっています。

折り返しに時間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL