太らないための夕食の食べ方 熊本市東区 整体 ダイエット 腰痛 膝痛

本日は、太らないための夕食の食べ方についてお話させていただきます。

 

ダイエットをする際、以下の5つのルールを守れば身体は痩せていきます。

 

1、就寝3時間前には食べ終える

2、高たんぱく質&低糖質

3、22時以降は食べない

4、糖質は50g以下

5、お酒は極力控える

 

ルール1

就寝3時間前に食べ終える

未消化のまま寝るのはNGです。

消化のいいものを選びましょう。

 

寝る時間が大体決まっている人は、逆算して何時に食べ始めるべきか決めていきましょう。

食べ物が未消化のまま寝てしまうと、胃に負担がかかる上、体脂肪として蓄積されていってしまいます。

 

ルール2

高たんぱく質&低糖質

脂質が多いものは、徹底的に避けるべきです。

 

脂質が多いと、消化に時間がかかります。

量にもよりますが、6時間以上消化に時間がかかります。

ということは、普段24時に寝ている人は18時に食べ終えてなければいけないのです。

揚げ物や脂身の多いお肉などは注意が必要です。

 

ルール3

22時以降は食べない

22時以降は、ホルモン的に太りやすいです。

 

肥満遺伝子と呼ばれるもの(BMAL1)が22時以降に増えていきます。

この肥満遺伝子は脂肪として蓄積されやすいホルモンのため、分泌量が多くなる時間帯の食事は避けるべきです。

 

ルール4

糖質は50g以下

夜の糖質は1日の中で1番少なくする。

 

1日の糖質の割合は、

朝40:昼40:夜20

のイメージです。

なるべく夜は糖質を少なくするのがいいです。

その代わりにたんぱく質をしっかりと摂取するといいでしょう。

 

ルール5

お酒は極力控える

お酒は代謝を止めてしまうので、痩せづらくする原因になってしまいます。

 

アルコールは身体にとっては毒素ですので、身体は解毒を優先させてしまうので代謝が停止してしまいます。

代謝が止まってしまうと、痩せづらくなります。

アルコールの量によって代謝停止時間は変化していくため、飲みたいときはノンアルにしましょう。

 

何かのために痩せるという明確な目標や明確な数字があると、達成しやすくなります。

そういうのを決めていない方は、まずはそこを決めるという所から始めてみてください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL