顎の痛みのセルフケア

ソース画像を表示

顎の痛みでお悩みの方というのも、当院には多く来院されます。
顎の痛みでお悩みの方の多くの方が顎関節症です。
顎関節症は関節の形状上、女性に多く口を開けた時に痛みが出たり、咀嚼の際にカチカチ音がしたり、食べる時に痛みがあったり、喋るだけでも痛むこともあります。

 

顎関節症の多くの場合は、筋肉に原因がありますので、セルフケアや施術で改善していきます。

ですが、顎の骨や軟骨に原因がある場合は、セルフケアや施術で改善しないことが多いため、歯医者さんや整形外科を受診されることをオススメいたします。

ですから、お伝えするセルフケアで効果が出ないようでしたら、医療機関を受診してください。

 

セルフケアのやり方としては、3種類です。

まず1つ目が、人差し指と中指と薬指の指先または指の腹でこめかみを円を描くようにグルグルと指圧します。

1ヶ所30秒やったら、場所を変えて30秒というのを何回か繰り返します。

これは、こめかみまでやってもいいですので、広い範囲をゆっくり円を描きながらやってください。

強くすればいいというものではありませんので、優しく気持ちがいい感覚でやるのがより効果的です。

 

2つ目のやり方は、手のひらで耳の前からフェイスラインに合わせて口を半開きの状態で開けて、上から下へ圧をかけるというのを片方ずつやってください。

1ヶ所30秒やったら、場所を変えて30秒というのを何回か繰り返します。

こちらも、気持ちがいいという感覚でやると効果的です。

 

3つ目のやり方は、首の筋肉にもアプローチをしていきます。

これも先ほど同様、人差し指と中指と薬指の指先または指の腹で円を描くようにやりましょう。

耳の後ろから鎖骨に向かって一直線を下方向に両手で円を描くように行ってください。

1ヶ所30秒やったら、場所を変えて30秒というのを何回か繰り返します。

これももちろん、気持ちがいいという感覚でやるようにしましょう。

 

この3つのやり方でやっても効果を感じない場合は、骨や軟骨が原因のことが考えられるのですが、当院は顎関節症の症状改善についても高い効果を発揮しています。

上記のセルフケアで改善しない方は、まずは歯医者さんや整形外科を受診する前に、当院にご相談いただければと思います。

 

なお、上記のセルフケアのやり方がよく分からないという方は、必ず折り返しのご連絡をしますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL