頚椎ヘルニアで手術を考えている方へ

首や腕が痛かったり、腕や手が痺れているような症状で病院へ行くと、ほとんどの場合で「頚椎ヘルニア」との診断を受けます。

頚椎ヘルニアとは、首の骨の間にある椎間板と呼ばれる軟骨が飛び出してしまい神経に触れてしまっているもののことを言います。

MRIだと、軟骨も写るので「ヘルニア」と診断が確定させられるのですが、レントゲンだと骨しか写らないため、「ヘルニア」という診断の確定には至れません。

大半の病院が、MRIを撮りその画像を元に「頚椎ヘルニア」との診断をされますが、中にはレントゲンだけしか撮らずMRIが撮れるような大きな病院も紹介せず、「頚椎ヘルニア」と診断してしまうような信じられない先生もいらっしゃいます。

 

整骨院や整体院の先生方は、頚椎ヘルニアの症状を改善することに対して、実は苦手意識を持ってらっしゃる先生が大半です。

自信を持って症状を改善させられると言える先生は、熊本だと非常に少ないです。

なぜ苦手意識を持ってしまうかと言いますと、重症な方が多いというのと、筋肉を柔らかくするだけの手技(マッサージ)での施術が根本的な部分にアプローチ出来ないということにあります。

根本的な原因の部分を理解出来てらっしゃらない先生が多いのも事実ですので、それも苦手意識を持ってしまう原因の1つだと思います。

 

私はこれまで、様々な勉強をしてきました。

その中で、頚椎ヘルニアの根本的な原因の部分について理解を深めました。

当院では、手術を考えていた方の症状が改善し手術をしなくても良くなったということが多々あります。

 

頚椎ヘルニアで手術を考えてらっしゃる方は、思いとどまってください。

手術をしても、根本的な部分は改善されませんので、よっぽどリハビリを徹底的にしない限り再発します。

 

当院で根本的な部分を改善させて、今までの苦痛から解放されたくないですか?

私は、そのお手伝いが出来ればと考えております。

他との違いを実感してください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL