足首の捻挫をしてしまった時にやるべき4つのこと

ソース画像を表示

急な足首の捻挫で何をしていいのか分からず、とりあえず氷で痛い場所を冷やすということをされる方が多いかと思います。

足首の捻挫をしてしまった時に、やるべきことというのが実は4つあります。

そのそれぞれの頭文字を取って、RICE(ライス)処置と呼びます。

本日は、それを1つ1つご紹介いたします。

 

Rest(安静)

患部(痛い場所)の腫れや、血管の損傷を防ぐ意味で、患部を動かさずに安静にしましょう。

関節や筋肉を動かさないことにより、内出血も抑えられます。

 

Icing(冷却)

患部の腫れを抑えるために、氷を使って冷やしましょう。

保冷剤やシップや冷えピタは、深くまでは冷やせませんので、必ず氷を袋や氷のうに入れて皮膚の感覚が無くなるまで冷やすようにしてください。

時間を目安にするのではなく、皮膚の感覚を目安にするようにしましょう。

 

Compression(圧迫)

患部の内出血や腫れを抑えるため、腫れている部分を中心に軽く圧迫をします。

弾力のある伸び縮みのする包帯やバンテージなどでやるのが望ましいです。

強く圧迫しすぎると、循環障害に繋がる場合がありますので注意してください。

 

Elevation(挙上)

患部の腫れの軽減と、その腫れ自体を早く引かせるために、挙上します。

横になり、座布団やクッションなどの上に足を乗せ、心臓よりも高い位置にするのが理想的です。

 

この4つの処置を早い段階で行えることが、その後の回復過程にとてつもなく大きな影響を及ぼします。

この4つの処置をやるかやらないかで、1~2週間程差が出ると言っても過言ではありません。

万が一、足首の捻挫をするようなことがあれば、このRICE処置を思い出して実践してください。

 

上記のことで、ご不明な点がある方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの際は、LINEを使っていただけるとスムーズにやり取り出来ますので、LINEをご活用ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL