睡眠の質を上げて回復しやすい身体にするために必要なこと

ソース画像を表示

当院の施術に対しての考え方については、こちらをご覧ください。

 

最近、睡眠の質を上げるという言葉をよく聞きませんか?

整骨院や整体院でもそのような言葉を使って施術をされている方が多いですし、YouTubeやInstagram等のSNSで情報を発信されている先生方も、睡眠の質を上げる方法を発信されている方が多いです。

 

最近の研究では、睡眠は時間よりも質の方が大事だと言われています。

長時間寝れていても、質の悪い睡眠ですと身体は回復しにくい状態になりますし、短い時間しか寝れていなくても、それが質のいい睡眠であれば、身体はどんどん回復していくと言われています。

 

患者様から、睡眠の質って何のことですか?という質問をよくされます。

睡眠の質というのは、眠りの深さのことを言います。

深い睡眠、つまりしっかり熟睡出来ている状態であれば、質の高い睡眠がとれたと言えるのです。

質の高い睡眠がとれているかの目安としては、朝の目覚めの感じで判断出来ます。

目が覚めた時に、疲れがスッキリ解消されているような感覚があれば、質のいい睡眠がとれていると言えます。

逆に、目が覚めた時に疲れが残った感覚がある場合や、寝ても寝ても眠いというような感覚は、質の悪い睡眠になっていると言えるのです。

 

睡眠の質を上げる方法としては、様々な方法があります。

その中でも、シンプルかつはじめやすいものを、2つお伝えいたします。

 

まず1つ目としては、寝室を寝るだけの場所にするということです。

どういうことかと言いますと、寝室で携帯を触ったり本を読んだりしないということです。

携帯を触りたかったり、本を読みたいのであれば、寝室以外のところで触ったり読んだりし、眠くなったら寝室に行くということをやってみてください。

 

2つ目は、寝る90分~120分前に入浴をするということです。

これは、人それぞれで生活スタイルが違いますので、なかなか実践出来ない方もおられると思いますので、毎日でなくてもいいです。

1週間の中で1日でもいいので、寝る90分~120分前に入浴するということをしていただければと思います。

入浴方法としては、38~40℃くらいのお湯で30分間の半身浴をして、身体を中からじっくり温めるというのがオススメです。

肩までつかる全身浴の場合、長い時間入るということが難しいため、身体の表面側しか温まりません。

時間を作って半身浴でじっくり身体を温めていただければと思います。

 

まずはこの2つを実践していただけると、間違いなく睡眠の質が上がります。

先ほども言いましたが、朝の目覚めの感じで睡眠の質が上がったかを判断していただければと思います。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にLINEでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、施術中は留守電にしていますし、休診日や診療時間外は留守電になっています。

折り返しに時間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL