なぜそうなってしまっているか?を知ることが重要

ソース画像を表示

当院の施術に対しての考え方については、こちらをご覧ください。

 

整形外科などの病院では、レントゲンやCTやMRIなどを使った画像での診断が可能です。

画像での診断は、非常に精度が高く、何がどうなっているかを確定させることが出来ます。

病院では、撮影した画像をもとにお医者様が説明をしてくださるのですが、症状の説明しかしてくれないことがほとんどです。

症状の説明だけとは、画像を見せながら、ここがこうなっていて、こうなっているから、どうなっているという説明のことです。

整骨院や整体院に行くと、柔道整復師や整体師の方だと画像の撮影や画像の読影が出来ないので、何がどうなっているかを確定させることは出来ません。

ですから、出ている症状とその方の持っている知識を照らし合わせた上で、何がどうなっているかの説明をしていきます。

この時も、お医者様のように、何がどうなっていて、この症状が出ているというような説明をされる方がほとんどです。

私が何を言いたいかと言うと、

なぜそうなってしまっているのか?

という、とても大事で重要な部分についての説明をしてくださるお医者様や整骨院・整体院の先生は、ほとんどいないということです。

私は、下手をすると、「なぜそうなってしまったか?」について、知らない先生方が非常に多いんじゃないかなとも思っています。

”説明しない”のではなく、”説明出来ない”ということです。

 

なぜそうなっているかが分かっていない方は、どんな処置どんな施術をしても絶対に効果を出せません。

なぜそうなっているかが分からないため、何をすればいいのかが分からないということです。

なぜそうなったかが分かっている私は、どうすれば症状が変化・改善していくかが分かっていますので、逆算して施術をしていきます。

ですから、高い改善率と低い再発率が実現出来るのです。

 

実際に当院に来ていただくのが一番なのですが、当院以外で施術をするということを選択される方は、施術をしてくれる方に「何でこうなっているのですか?」と聞いてみてください。

なぜそうなっているのかを、すんなり答えられる先生は、施術により症状を改善させられる可能性が非常に高い先生ですので、そういう先生の所へは、安心して施術に行ってください。

逆に、話を変えたり、ごまかしたりする先生や、しどろもどろで何を言っているのかよく分からないような先生だった場合は、すぐに施術を止めて違う所へ行くようにしてください。

これを知っているだけでも、全然違うと思いますし、無駄なお金や時間を使わなくて済みますので、覚えておいて損はないと思います。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にLINEでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、施術中は留守電にしていますし、休診日や診療時間外は留守電になっています。

折り返しに時間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL