腰痛における腰で起きている痛みは結果の話

当院の施術を受けてみたいなと思ってらっしゃる方は、まずはこちらをご覧ください。

 

本日は、腰痛の原因が腰ではないということについてお話いたします。

YouTubeやInstagram等のSNSで、そのように発信される先生方が増えているので、腰痛における腰で起きている痛みは結果の話だということを知ってらっしゃる方もおられると思います。

腰が痛くて整形外科や整骨院や整体院やマッサージに行くと、腰に電気をかけたり腰をマッサージするような施術をしてもらうことが多いかと思います。

多くの整形外科や整骨院や整体院やマッサージでは、腰痛の方に対して腰にしか施術をしません。

そういう施術では、その直後~次の日くらいまで効果が持続すればいいほうです。

そのような施術というのは、続けていると悪化することはないかもしれませんが、症状が改善に向かっていくということはまずありません。

ですから、そのような施術というのは、一生続けていかなければいけない施術になります。

それがなぜか?

それは、ほとんどの腰痛の原因が腰ではなく別のところにあるからです。

あることが原因で、腰に負荷がかかり続けてしまい、腰の周りに張りが出てしまうというのが腰痛です。

ですから、結果的に張りがある腰をいくら施術しても、いつまで経っても原因には辿り着かないため、変化はしても改善には向かっていかないということになります。

 

「ほぐす」というのがゴールであるのなら、腰だけに施術をしていくことも効果的だと思います。

ですが、「治す」や「改善させる」ということがゴールであるなら、原因の部分に対しての施術をしていかないと、腰痛の症状は改善には向かっていきません。

どこにゴールを設定するのか?というのは、良くなったら何がしたいのかを考えると、すぐに答えが出ると思います。

答えが出れば、どのような施術を受ければいいのかが分かると思います。

腰痛でお悩みの方で、このままではいかんと思ってらっしゃる方は、いつでもLINEでご相談ください。

電話でのお問い合わせの場合、施術中は留守電にしていますし、休診日や診療時間外は留守電になっています。

折り返しに時間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL