片頭痛について

ソース画像を表示

片頭痛は、原因となる病気がないのにも関わらず、頭痛が起きてしまう「慢性頭痛」の1つです。

片頭痛の特徴として、脈を打つようにズキンズキンと痛み、動くと悪化してしまうというのが特徴的です。

頭の左右どちらかの片方が痛む人が約6割、両方が痛む人が約4割とされています。

日本で片頭痛がある人は、約840万人とされており、男女で言うと女性に多くみられます。

 

自分の頭痛が片頭痛かどうかを判断出来る6つの項目があります。

 

  1. 頭の片側に起こる
  2. ズキンズキンと脈を打つような痛み
  3. 我慢できない・仕事などに支障をきたす
  4. 体を動かすと痛みが悪化する
  5. 頭痛と併せて吐き気もある
  6. 光や音に敏感になる

 

1~4の症状のうち、2つ以上が当てはまる方と、5と6のうち1つ以上が当てはまる方の場合、片頭痛であると考えられます。

ですが、50歳以上の方で初めて片頭痛のような症状を経験した場合は、脳の病気なども可能性がありますので、直ちに医療機関を受診することをオススメいたします。

 

片頭痛の場合も、人によって症状が様々ですので、一概には言い切れませんが、片頭痛の主な引き金には、次のようなものがあります。

  • 月経・排卵
  • 出産後・更年期
  • 寝不足・寝過ぎ
  • 空腹
  • ストレス・ストレスからの解放
  • まぶしい光・強いにおい
  • 人混み・騒音
  • 天候の変化
  • 温度の変化・高い湿度
  • アルコール

このような引き金が考えられるため、引き金が特定できると、あとはそれに対して対策をとるということが重要になってきます。

片頭痛でお悩みの方は、改めてご自身の生活に向き合い、片頭痛の引き金を把握するということが解決への第一歩となるかもしれませんので、一度向き合ってみるのもいいかと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL