足の裏の痛み

歩いたり、走ったりすると足の裏が痛む

なんてことは、みなさんも一度は経験があると思います。

 

病院や整骨院・整体院に行くほどでもないなと思い、ネットで調べる方も多いのではないでしょうか?

そうすると、足底筋膜炎という名前を目にすることが多いかと思います。

足底筋膜炎とは、足の裏にある足底筋という筋肉が様々な要因で硬くなってしまい、動かそうとするときにスムーズに動かず足の裏に痛みを感じるというものです。

はじめは、放っておいても痛みを我慢できるのですが、こじらせてしまうと、痛みが強くなり歩くのも困難になります。

 

特に今の季節は、足底筋膜炎になるリスクが高いですので、手足の先が冷える冷え性の方は特にご注意ください。

具体的に何に気を付けるのかと言いますと、是非足の裏のケアをしていただきたいです。

例えば、テレビを見ながら足の裏でテニスボールやゴルフボールを踏んで少し荷重をかけながら痛気持ちいい感覚で転がすのが、最も簡単で効率のいいケアの仕方と言えます。

このやり方に関しては、冷え性の方はもちろん、ふくらはぎがむくむ、つりやすい、疲れが取れないといった症状の方にも効果的なやり方ですので、是非一度お試しください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL