緊急性の高い手首の痛みは手首のどの部分が痛む時か?

本日は、手首の痛みについてお話いたします。

手首の痛みに関しても、様々なものがあります。

今回は、難治性のもの(いわゆるなかなか症状が改善しないもの)についてお話します。

手首の痛みの場合、様々な場所が痛むことがあります。

手首の内側(親指側)、手首の外側(小指側)、手首の上(手の甲側)、手首の下(手のひら側)など、様々です。

特になかなか良くならないものは、手首の外側(小指側)の痛みです。

なぜならここの痛みの場合は、軟骨を痛めていることが多いからです。

厳密に言うと、軟骨には痛みを感じる痛覚がないため、その周りの組織を痛めているということなのですが・・・

軟骨には、再生する力がありません。

これも厄介な原因の1つで、一旦痛めてしまうとクッションのような役割をしていた軟骨が、役割を果たさなくなるので、周りの組織に影響が出てしまいます。

これもなかなか良くならない原因の1つになります。

もちろん、手首の外側(小指側)の痛みの全てがそうとは限りません。

別の原因で手首の外側(小指側)に痛みが出ることもあります。

ですが、手首の外側(小指側)の痛みは悪化するとなかなか良くなりません。

そうならないように、お早めにどこかで施術を受けるようにしてください。

それが当院ですと非常に嬉しいですし、頼っていただける場合は、症状が改善することだけに目を向けて施術させていただきます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL