筋肉の柔軟性

本日は、筋肉の柔軟性についてお話いたします。

筋肉の柔軟性は、ケガの予防に繋がります。

慢性的な症状については、筋肉の柔軟性があれば、それがその症状の改善に近付きます。

 

筋肉の柔軟性というのは、身体の使い方次第で大きく変化が出せますし、一時的な身体のケアでも柔軟性を高めることが出来ます。

筋肉の硬さというのは、力が入らなくなる原因にもなります。

特に高齢の方以外で、普通に生活している方が急激に筋力が落ちるなんてことはほとんどありません。

普通に生活をしている方で、

踏ん張りがきかない

力が入らない

などの症状がある方は、筋力低下よりも筋肉の硬さを改善させた方がいいでしょう。

筋肉が硬くて力が入らないという場合は、筋肉が力の入れ方を忘れてしまっているような状態になります。

ですから筋肉の柔軟性を出して、筋肉に力が入る状態にすれば、身体にかかる負担が分散し、症状の改善に繋がっていくことがほとんどです。

日頃からの運動やストレッチで、筋肉の柔軟性を手にし、それを維持できるようにしていきましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL