目安の回数を決めましょう

ソース画像を表示

私が通っているトレーニングジムの利用者様で、腰痛のため休会してらっしゃる方がいて、整体に通ってるけど、ちっとも症状が良くなっていない方がいると、トレーナーさんに言われました。

どこかに施術に通っていて、なかなか良くならない方は、私の施術を受けると症状が改善していくことが多いです。

なぜか言うと、施術で症状を変化も改善もさせられないような方とは、根本的な施術に対しての考え方そのものが違いますし、それによりアプローチをかける部分も全く違うからです。

 

多くの腰痛の施術では、腰の筋肉を揉みほぐしたりして柔らかくすることで、症状の改善を目指していきます。

慰安目的ならそれでもいいと思うのですが、改善したいと思って施術に行くのであれば、その施術を選択するのは大間違いです。

患者さんからすると、どんな施術が良くてどんな施術がダメなのかは正直分からないと思います。

それを判断するのは、非常に難しいことだと思います。

そこで本日お話する内容は、見切りをつける目安の回数についてです。

当院でも、当院以外の場所でも同じことが言えるのですが、何度か施術を受けて効果を感じないような場合は、施術をやめて違う場所での施術をご検討いただいた方がいいかと思います。

その目安の回数としては、10回というのをオススメしております。

よっぽど自分に合わないなと感じた場合は、即やめていただく方がいいのですが、施術をする方の多くは頼ってくださる方のために、どうにかして症状を軽減・改善させたいとの思いで患者さんに向き合っています。

そもそも、数回の施術で症状を軽減・改善させようというのがとても難しいことですので、私を含めた多くの施術に関わる人は、出来れば10回くらいは施術するチャンスをいただければという思いで施術をしています。

実際に施術に関わる私の友人や先輩や後輩にアンケートをとったことがあり、その結果が平均して約10回の施術のチャンスが欲しいという意見でした。

結果が出ない場合は、次の場所へ行っていただき、違ったアプローチから症状の軽減・改善を目指すということをしていただければと思いますので、1つの場所にこだわらずに、広い視野で施術を受けていただければと思います。

 

もちろん私たちのように施術に関わる人間は、頼ってくださる方の症状が軽減・改善に向かっていくように真摯に向き合い施術をさせていただきたく思っています。

お困りの方は、是非頼っていただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL