理想的な歩き方

本日は、理想的な歩き方についてお話いたします。

 

みなさんは普段歩き方を意識して歩けていますか?

 

正直私はこういう仕事をするまで、歩き方を意識したことは一回もありませんでした(笑)

それは、身体のどこも痛くなかったということが影響していると思います。

身体のどこかに痛みがある場合、様々なことをやろうとする方が多いと思います。

 

その中でも、

”運動”

という選択肢を取る方の考え方は素晴らしいと思います。

実際に、運動をすることにより症状が改善していく方は実にたくさんいらっしゃます。

逆に運動を取り入れたがために症状が悪化してしまう方がいるのも事実なのですが・・・

 

 

運動の最も始めやすいことが、ウォーキングではないでしょうか?

ウォーキングのような強度の低い運動で症状が悪化してしまう方は、歩き方そのものにそうなってしまう原因がある場合が多いです。

 

理想的な歩き方とは、3点で地面に足が接地して歩く歩き方です。

 

かかと

指の腹

指先

 

この3点が順番に地面に接地して歩いていくのが最も理想的な歩き方と言えます。

いかに意識して出来るかがポイントとなりますので、歩く際に注意してかつ意識して歩いていただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL