手技での施術の限界

私は長年、この施術をする業界におります。

今年で15年目になります。

接骨院で働き始めた10代後半の頃から、手技だけで症状を改善させることが非常に難しく、不可能に近いんだなということに気付きました。

それは、痛みや不調を抱えた人がどんな人でも、今やっている仕事や家事や子育てや部活などを完全にやめるということが出来ないからです。

色々なことをやりながら症状を改善させなければいけないというのがある中で、どれだけ施術をしても日常生活の動作の中でどんどん身体に対する負担は増えていく一方です。

現実的ではありませんが、やめさせることが出来るのであれば、身体にかかっている負担が軽減していき、負担をゼロ~マイナスにすることが出来るため、手技だけの施術でも症状は改善していくとは思います。

実際にはそうは出来ないため、「施術に行く→良くなる→再発する」ということが無限に繰り返されていくというわけです。

 

当院の施術では、手技での施術は最小限にしか行いません。

当院では、特殊な電気の機械を使って、身体を中から変えれるようなアプローチをしていきます。

一般的な電気の機械や、マッサージのような手技の施術というのは、身体を外側から変えていくというアプローチの仕方です。

どちらのアプローチが症状の改善が出来そうで再発が少なそうかは、明確ですよね?

 

当院では症状を改善させることはもちろん、再発を防ぐということも意識して施術をしていきます。

当院の全てが載っていると言っても過言ではない、Googleの口コミを見ていただけると、イメージしやすいかと思います。

当院での施術をご検討いただいている方は、予約が取りにくい状況が続いていますので、まずはお問い合わせいただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL