姿勢の話

ソース画像を表示

本日は、姿勢についてお話いたします。

正しい姿勢というのは、様々な見解があります。

施術をする人によって、若干言うことに差があり、様々な場所で施術を受けたことがある方は、何が本当で何が間違いなのか混乱する場合もあるようです。

本日は、正しい姿勢における注意点ということをお話いたします。

正しい姿勢というのは、座っている姿勢と、立っている姿勢で違います。

それぞれで違った意識で過ごさないといけません。

 

まず、座った姿勢についてです。

座る際に気を付けるべきポイントとしては、椅子に対して一番深く座るということです。

座った姿勢で腰などに不調が出る場合というのは、骨盤が後ろに傾いた姿勢が長くなるからです。

椅子に対して深く座ることで、骨盤が後ろに傾くという姿勢を避けられます。

ですから、長い時間座った姿勢で作業をされる際は、椅子に対して深く座るということを意識して作業していただければと思います。

 

次に、立った姿勢での注意点です。

立っている際に気を付けるべきポイントとしては、胸を張りすぎないということです。

どうしても、姿勢を正しくという意識をすると、胸を張るということを意識してしまいがちです。

胸を張ることを意識してしまうと、背中に力が入ってしまいます。

ですから、胸を張る意識はしないようにしましょう。

ではどうすればいいのかというと、頭を上に引っ張られるような意識で上に伸び上がるということをしてみてください。

その際の注意点は、顎は引いた状態でやるということです。

 

本日は、座っている姿勢、立っている姿勢それぞれでの注意点、意識の置き方についてお話しました。

本日ご紹介したやり方以外にも、様々な考え方があります。

私がお話したやり方が全てではありませんので、ご自身に合ったやり方、ご自身の考えに合った意識で取り組んでいただければと思います。

上記のことで、何かご不明な点がある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL