坐骨神経痛とは?

本日は、坐骨神経痛についてお話いたします。

坐骨神経痛という言葉を聞いたことがないという方は少ないと思います。

ですが、名前は聞いたことがあるけれど、どういうものなのか分からないという方が大勢いらっしゃると思いますので、今日はそれをお話いたします。

 

坐骨神経痛とは、お尻の深い部分を通っている坐骨神経が、周りの筋肉の硬さなど様々な要因から刺激を受けてしまい、お尻や足に症状が出るというものです。

坐骨神経は、人間の身体の中で一番太い神経で、小指くらいの太さがあります。

私が学生の時に、ご検体を使わせていただいて解剖実習をやったことがあります。

その時に、実際に坐骨神経を手で触って確認したのですが、本当に小指くらいの太さでした。

太い神経だからこそ、周りの硬さなどに影響されやすく、症状もしつこく強く出てしまうことが多いのです。

 

ですから、日頃からお尻をケアすることで症状が出ないようにしていくことがとても重要です。

日頃のケアに関しては、家でのストレッチでもよし、整骨院や整体院に治療に行くのもよしだと思います。

(ケア目的で整骨院や接骨院に行き、保険診療で治療することは出来ないのですが・・・)

 

それでもダメな時は、私を頼ってください。

当院では、出来る限り最短での改善を目指して治療させていただきます。

当院に来ていただけると、あらゆる面で他との違いを感じていただけると思います。

お気軽にお問い合わせください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL