ヘルニアなどの重症腰痛で起きる前兆とは?

ヘルニアでお悩みの方は、まずはこちらをご覧ください。

 

重症な腰痛には、様々なものがあります。

有名なものだと、ぎっくり腰のような急性腰痛、長年痛みや不調が続く慢性腰痛、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離症や腰椎すべり症などがあります。

このような様々な重症な腰痛には、必ずと言っていいほど前兆があります。

その前兆とは、足の重だるさです。

重症な腰痛になる前に足の重だるさが起きてしまうメカニズムとしては、

①様々な要因で股関節や骨盤の動きが悪くなることで腰の骨(腰椎)の周りに負荷がかかるようになる

②腰の周りの筋肉が硬くなり腰の骨(腰椎)の動きが悪くなる

③身体の動きが上手く連動しないようになってしまうため、股関節や骨盤の動きがさらに悪くなる

④お尻の筋肉が硬くなり普段のような動きが出来なくなる

⑤無意識に足全体にいつも以上に負荷がかかるようになる

⑥足が重だるくなる

というわけです。

足の重だるさというのは、それが重症な腰痛の前兆なのか、ただ単に疲れているだけなのかという見極めが非常に難しい場合が多いです。

ですから多くの場合で、重症な腰痛になってしまってから、振り返ってみると足の重だるさがあったため、あの足の重だるさは前兆だったんだなという風になってしまいます。

見極め方としては、腰に痛みや違和感があり、足の重だるさも長く続く場合は重症な腰痛の前兆なのかもしれないと危機感を持って、早急に対処していただけるといいかと思います。

早急な対処法としては、前兆かもと思ったら早い段階で、股関節や腰のケアを入念にやっていただくか、整体院や整骨院に施術に行くか、医療機関に行って詳しく調べてもらうかというような、何かしらの対策を取っていただくのがいいかと思います。

出来る限り早急に対応していただけると、あまり重症化することなく悪化させることなく、腰痛の症状が変化し改善に向かっていくでしょう。

 

本日の内容で、ご不明な点やご質問がある方は、お気軽にLINEでお問い合わせください。

電話でのお問い合わせの場合、施術中は留守電にしていますし、休診日や診療時間外は留守電になっています。

折り返しに時間がかかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL