食べないダイエットは危険 熊本 東区 整体 ダイエット

みなさん、こんにちは。

今日もセミが大合唱しています。

 

今日は、食べることが大切だということをお話させていただきます。

1番簡単なダイエット方法が、「食べない」ことです。

食べる量を極端に落とせば痩せるなんてことは、誰もが分かることだと思います。

これは、女性の方のダイエットに多い傾向があります。

確かに、食べないダイエットは短期的には絶対体重は落ちます。

ですが食べないことに関しては、デメリットがとても多くリスクが高すぎるのです。

 

簡単にデメリットをあげると、

・筋肉量が落ちて体重が減ってしまう

・筋肉量が落ちるので代謝が落ちていく(痩せなくなる)

・ホルモンバランスが崩れる

・食欲がどんどんたまる

などです。

 

食べないダイエットは、長期的にみるとマイナス面が多く、特に食べてないけど痩せないという負のループに陥ってしまうことがよくあります。

 

そこで、食べることで代謝を上げて痩せるということが身体にとってもとても大事になってきます。

食べると太るというイメージが強い方は沢山いらっしゃると思います。

ですが、食べるということで起こる代謝もあり、食べる内容・質を良くすれば食べながら痩せるということはそんなに難しいことではありません。

 

そこで、「食べる+運動」で代謝を上げていきましょう。

食べないでいると代謝は下がります。

食べて運動して、基礎代謝や活動代謝を上げていき、痩せやすくするのが重要です。

特に、食べるタイミングを運動前後にまとめると痩せやすくなっていきます。

 

そこで、1日の食事&運動の流れです。

特に運動前後の食事が大事で、寝る前は量を調整しましょう。

例えばですが、

朝:焼き魚定食(鮭)、ご飯普通

昼:蒸し鶏、ご飯普通、サラダ

運動前:バナナ1本

運動後:プロテイン、おにぎり1個

夜:豚しゃぶサラダ、冷奴、ご飯なし

よくある生活スタイルではこんな感じです。

もちろん、個人によって量は調節しましょう。

 

またみなさんにとって有益な情報を配信していきますので、次回もお楽しみに。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL