野球肘について 熊本 整体 肘の痛み

高校野球の熊本県大会は、今日でベスト4が出揃います。

熱い戦いに心打たれる方も多いのではないでしょうか?

 

今日は、野球肘の話をしていきます。

当院にも野球肘による痛みで通院している方が多くいらっしゃいます。

年代も、小学生から大人の方まで様々です。

 

野球肘とは肘の内側に痛みの出る疾患で、別名「内側上顆炎」とも言います。

野球での投球動作は、肘の内側に付いている筋肉をよく使います。

特に成長期の時に投球動作を繰り返して、ケアを出来ていない状態が続くと野球肘になりやすくなります。

成長期というのは骨が柔らかい状態ですので、野球肘にもなりやすいですし、その痛みを放っておくと肘の内側の骨が疲労骨折を起こしたりもします。

 

そうなってしまう背景には、知識不足により本人のケアが出来てない事と、指導者の知識不足により投球動作をさせすぎてしまう事があります。

私個人としては、指導者が無理をさせすぎることに関しては、指導者の方や保護者の方はかなり危機感を持って取り組んだ方がいいと思っております。

というのも、子供は指導者に言われたようにやってしまいますし、痛くても言えない状況を作ってしまっている指導者やチームの体制があるのも事実です。

子供の未来・将来のことを考えるのなら、成長期の一番大切な時期に子供に無理をさせてしまう事は、絶対にやめたほうがいいです。

いい指導者と言われている方々でも、平気でそういう事をしてきていて、いまだにそういう事をしてしまっている方は沢山いらっしゃいます。

 

後悔する前に、早めに治療をして対策を練ってください。

私も沢山の球児たちを診てきた経験から、後悔をさせないように全力で治療をさせていただきます。

是非私を頼ってください。ご連絡、お待ちしております。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL