腰椎分離症について

本日は、小中高生で激しい運動をやっている子に起こりやすい「腰椎分離症」についてお話いたします。

腰椎分離症とは、簡単に言うと腰の疲労骨折のことです。

筋肉は、骨から骨に付着しています。

激しい運動で腰の周りの筋肉に硬さが起こり、その硬くなった筋肉が伸び縮みをする時に、引っ張る力が筋肉の付着部にかかってしまい、骨折してしまうというものです。

 

当院にも、小中高生で腰痛があり来院する子が多くいます。

軽症から重症まで、様々な症状・状態で来院されます。

腰が痛いというのは、身体が出しているサインになりますので、そこを見逃したり放っておいたりして無理をして運動を続けてしまうと、腰椎分離症になってしまうリスクがとても高くなってしまいます。

 

親御さんや、指導者の方は、絶対に無理をさせすぎないようにしてください。

特に小中学生に関しては、周りの大人が管理をしないと無理をしすぎる傾向にあります。

早めに施術が出来ると、腰椎分離症は防げます。

子供たちの未来を守れるように、周りの大人たちが注意しながら取り組ませるようにしてください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL