手首の痛み

本日は、手首の痛みについてお話いたします。

手首の痛みには、大きく言って2パターンあります。

 

1つ目が筋肉由来のもの。

2つ目が軟骨を痛めているもの。

 

この2パターンです。

 

1つ目の筋肉由来のものに関しては、筋肉の硬さが原因で筋肉の伸び縮みが上手くいかない状態となり、その硬い筋肉に引っ張られて筋肉が付いている場所(手首)に痛みが出るというものです。

これに関しては、前腕の筋肉の硬さが取れると改善していきます。

 

2つ目の軟骨を痛めてしまっているものに関しては、手首の小指側に痛みが出ます。

これに関しては、テニスやゴルフをする人に多く見られます。

実際にこのケガが原因で引退を余儀なくされた選手がいっぱいいらっしゃいます。

手首の小指側の痛みは長引くことが多いので、早急に治療をしに行くことをオススメいたします。

 

筋肉由来、軟骨の損傷どちらにせよ、放っておいて良くなっていくことはありませんので、痛みや違和感を感じたらお早めに医療機関に行くか、当院にご相談いただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL