マッサージに依存した治療は改善の見込みがない

本日は、マッサージに依存した施術は本当に効果的なのか?についてお話いたします。

マッサージのようなリラクゼーションが目的の施術は、症状の改善に時間を要することが多々あります。

何なら、症状の改善が見込めないことが非常に多いです。

 

それはなぜなのか?

答えは簡単です。

 

やる側が、症状を改善させるための的確な施術のやり方が分かっていないからです。

 

表向きでは症状を改善させると言っていても、本音ではどうすれば症状が改善するかよく分からないため、とりあえず筋肉を揉みほぐそうという気持ちで施術をしている人がとても多いのが現状です。

どうすればいいかよく分かっていないのにも関わらず、向上心がない治療家が多いため、どうすれば改善するのか追い求めるわけでもなく、そのままにしている場合が非常に多いです。

 

リラクゼーションを目的としているマッサージは目的が明確なのでまだいいのですが、厄介なのが国家資格を持っている意識の低い治療家の場合です。

中途半端に知識やプライドがあるため、症状の改善のやり方が分かっていないのに、施術で良くなると言ってしまいます。

そういう治療家は、大体マッサージしか出来ません。

そのような場合は、もちろん良くなりません。

 

「もう少し通えば良くなると言われたので通い続けたけど、結局全く良くならなかった。」

という方が、当院には沢山来られます。

色々な話を聞くと、同業者として恥ずかしい治療家が熊本には非常に沢山います。

 

そういう所を見極めるのはとても難しいと思いますが、くれぐれもそのような所に騙されないようご注意ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL