「〇〇に掲載されました」に騙されないで

ソース画像を表示

よく整骨院や整体院のホームページやチラシの中で、

「〇〇という雑誌に掲載されました」

「〇〇という雑誌に紹介されました」

というような紹介があります。

 

一見凄そうですよね。

一般的には、

「〇〇という雑誌に紹介されるって、この先生凄いな」

「〇〇という雑誌に掲載されるくらい凄い技術を持っているんだな」

という感想を持つ方が多く、それだけで信頼度が上がり、行ってみたいなとなる方が多いようです。

 

ですがこの「雑誌に掲載・紹介されました」というのは、お金をかければ簡単に載せてもらうことが出来ます。

「雑誌に掲載・紹介されました」というのは、その整骨院・整体院のブランディング(自分たちを凄く見せる術)であり、先生が凄いから、技術が上手だから雑誌に載っているというわけではないのです。

 

当院にも、某有名雑誌をはじめ、多くの雑誌の編集者さんやその仲介の業者さんから、メールや電話などで多くのご連絡をいただきます。

女性〇身さんは毎月ご連絡をいただいていますし、他の雑誌についても多い時には月に3~5件もの連絡があります。

多くは、名刺サイズの掲載で〇〇円、はがきサイズの掲載だと〇〇円のように、具体的にサイズと値段が決まっており、そこにこちらが載せたい内容を載せることが出来るというような内容です。

向こうも仕事ですから、担当しているページにスペースが出来てしまうと死活問題なのでしょう。

実際に凄い先生、上手な技術をお持ちの先生だと、雑誌社から取材をさせてほしいとお願いされて掲載されることがありますが、その場合は名刺サイズやはがきサイズで載せるなんてことはあり得ません。

ただ、整骨院・整体院の言い方だと、どれくらいのサイズで掲載・紹介されているかなんていうのは、全く分かりません。

とにかく雑誌に掲載・紹介されたという事実だけが独り歩きしてしまい、患者さんからすると凄そうだなという風になってしまうのです。

 

もちろん、整骨院・整体院の宣伝広告に対する考え方は様々ですし、法律を遵守した中でお金をかけて集客している方が多いと思いますので、それを批判するつもりは全くありません。

ただ、それを選ぶ患者さんに対して、真実をお伝えしたいという気持ちでブログを書いておりますので、お気を悪くされる方がいれば、ご容赦いただければと思います。

 

凄く見せたい気持ちは分からなくもないですが、私はそのようなことは一切せず、目の前にいる私を頼ってくださる多くの患者様の症状が改善するように施術をさせていただくということに重きを置いて過ごしていきます。

その気持ちは、開業する前から一切変わらないですし、揺らがないです。

一人でも多くのお身体の痛みや不調でお悩みの方の症状が、早く改善するようにという気持ちでやっていますので、お身体の痛みや不調でお悩みの方は、お気軽にお電話かLINEでお問い合わせいただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL