坐骨神経痛と言われたら

ソース画像を表示

病院で坐骨神経痛と診断された場合に、速やかに整骨院や整体院へ施術へ行くのもいいと思います。

ですが、セルフケアで症状が改善していくケースもありますので、まず何をするべきかというのをお話いたします。

 

坐骨神経痛には様々な症状があり、その症状の中にも様々な度合いがあります。

ですから、一概にセルフケアをすればいいというものではありませんので、症状に合わせて判断していただければと思います。

 

まず坐骨神経痛とは、お尻の筋肉の硬さが絡んでいることがとても多いです。

ですから、お尻の筋肉を伸ばす動作をしましょう。

ソース画像を表示

この画像のように、椅子に座った状態で足を組み、組んだ足を押さえながら背筋を伸ばした状態で前屈をしましょう。

これを20秒×3セット行ってください。

20秒×3セットというのを、1日の中で出来れば3回(朝・お風呂上り・寝る前など決めた時間に3回)やるようにしましょう。

ストレッチの際は、息を吐きながら伸びているお尻の伸びている感じを感じながらやると、より効果的です。

ストレッチは、やり方を間違えてしまうと症状が悪化することがあります。

坐骨神経痛の症状に関しては、なおさら注意が必要です。

ですから冒頭でも申し上げましたが、くれぐれも無理をしないようにやってください。

 

上記のことや坐骨神経痛のことで、何か聞きたいことがあれば、お気軽にお問合せください。

答えられる範囲で、お答えいたします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL