痛み止めに頼っていませんか?

本日は、飲み薬(痛み止め)についてお話させていただきます。

当院は、重症の方が多く来院されます。

ほとんどの方が、整骨院や整体院や病院に行って当院に来られることが多いです。

病院は詳しい検査が出来るので、症状は明確に分かることが多いのですが、その後のことに関しては注射を打ったり飲み薬に頼ったりということしか出来ません。

当院に来られる方から飲み薬に関しての質問が多かったため、本日はこのテーマで書かせていただいております。

 

飲み薬(痛み止め)にも強さがあります。

痛みが長引いてしまう時に、ほとんどの医療機関が弱いのから強いのへ切り替えていくのですが、弱いのも強いのも身体(特に内蔵)にかかる負担を考えると、あまりオススメは出来ません。

ですが私の考えは、痛みが強い時に関しては痛み止めは飲んでいいと思っています。

痛み止めに関しては、痛くないのに飲み続けるのが問題なだけです。

なぜなら、肝心な時に効かなくなるからです。

 

痛みに関しては、感じないのが一番です。

痛みを感じている状態でいろいろなことをしてしまうと、別の所に負担がかかってしまい別の所まで痛くなってしまうということが起きます。

ですから、痛みが強い時は痛み止めを飲んで痛みを感じないようにしましょう。

 

当院は、痛みを最短で改善出来るように治療させていただいております。

痛み止めに頼っている方に関しても、早い段階で痛み止めを飲まなくてよくなるように治療を進めていきます。

痛みが長引いていてお困りの方、当院までご相談ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL