患者様の声⑨

本日は、患者様の声をお話いたします。

腰椎ヘルニアから坐骨神経痛になってしまっている30代前半の男性の患者様の話です。

 

この方は、数年前に整形外科で腰椎ヘルニアという診断を受けて、ブロック注射で痛みをごまかしながら生活を続けていた方です。

当院に来られる数日前に、足に痺れを感じ再度病院へ行き坐骨神経痛と言われたそうです。

足の痺れは、もも裏の外側とふくらはぎの外側にあり、何もしなくてもずっと痺れているような状態でした。

 

当院に来られた経緯は、インターネットで調べてホームページを見てくださり、ここは何か違うかもと思っていただいたそうで来院されました。

この方自体、症状改善のために様々な整体院に行かれていたそうですが、どこに行っても良くならないという結果は同じだったそうです。

ですから、その方は半分諦めているような状態でした。

 

最初の治療で、10あった痛みが4くらいに、10あった痺れが6くらいになったそうです。

2、3、4回目の治療で10あった痛みはほぼ0になり、10あった痺れが3くらいになられました。

6回治療が終わると、痺れも10のうち1~2くらいになったそうです。

 

当院の治療は、根本的に改善させられるように治療をしていきます。

原因を追究し、その原因に対して的確な治療が出来るので、改善率が高い治療が出来るというわけです。

 

この患者様も、小さいお子さんが2人いらっしゃって、休日に思いっきり遊ぶということが出来ていなかったそうなんですが、当院で腰の症状が改善されて休日思いっきり遊べるようになっているそうです。

 

みなさんも、痛みや不調により出来ていないことが出来るようになりたくないですか?

当院は、それが実現出来る整体院です。

 

是非、ご相談いただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL