肩こりの施術で大切なこと

ソース画像を表示

本日は、肩こりについてお話いたします。

肩こりを放っておくと、頭痛やめまいが併発してしまうようになり、重症化していきます。

肩こりの施術において、とても重要なことがあります。

それは、結果だけにアプローチしないということです。

どういうことかと言いますと、肩こりの方の肩や首や背中がガチガチになってしまい、いわゆる凝っている状態になっているのは、結果の部分の話です。

そうなってしまっているのには、必ず原因があります。

巻き肩になってしまっていたり、背骨(頚椎や胸椎)の動きが悪くなっていたり、筋力が低下している部分があったり、他にも様々な原因が考えられます。

人によって、生活スタイルが様々ですので、原因も人それぞれです。

肩こりの場合は、慢性化すればするほど、本質的な原因の部分が分かりにくくなります。

巻き肩が原因だと判断出来たとしても、日常生活の中のどの動作で巻き肩になってしまうのかを把握出来ていない方がとても多いです。

ですから、知らず知らずのうちに、症状を悪化させているケースがとても多いのです。

そのような場合の対策としては、朝から夜までの1日の流れを紙に書き起こし、振り返るということが効果的です。

自分自身で書き起こした日常生活の動作の中の各動作で、肩首背中はどのような肢位になっているか?ということを理解することがとても重要なのです。

知るということが出来ると、より具体的な対策がとれるようになりますので、是非1日の流れを書き起こすということをお試しいただければと思います。

 

肩こりの施術は、肩首背中のいわゆる背面側だけの施術では、変化はしますが改善はしません。

多くの整骨院・整体院での肩こりの施術が、背面側だけの施術なのが現状です。

当院の施術は、原因の部分に対してもアプローチしていく施術です。

自宅や職場で出来るセルフケアの方法もしっかりとお伝えしています。

肩こりが改善しないと思って諦めている方、アプローチを変えていくと症状が変化し、改善に向かっていきます。

諦めずに、是非当院までご相談ください。

上記のことで、ご不明な点がある方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの際は、LINEを使っていただけるとスムーズに対応出来ますので、LINEをご活用ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL