膝の痛みの原因は○○

膝の痛みの大半の原因を占めるのが、筋肉の硬さです。

明らかな打撲や捻挫を除く膝の痛みの大半が、筋肉の硬さにより症状が出ています。

筋肉は骨と骨に付いており、筋肉の硬さがあると筋肉の付着部が引っ張られて痛みが出ます。

どうしても膝に痛みがあると、骨がどうかなっているとか、軟骨がすり減っているとか、靭帯や半月板を痛めてるかもと思いがちですが、骨がどうかなっているとそもそも歩けませんし、軟骨は痛覚が無いのでそもそも痛みは感じませんし、思い当たるふしがないのに靭帯や半月板は絶対に痛めません。

消去法で考えても、膝の痛みのほとんどの原因は筋肉の硬さによるものだと言えてしまうのです。

 

ではどうすればいいのか?

 

答えは簡単です。

日頃からの運動と身体のケアを日課として続けてやっていけばいいだけです。

それが出来ない方や、どのやり方でやればいいのか分からない方は、信頼できる場所で施術を受けてください。

筋肉の硬さは、放っておいても絶対に良くなりません。

逆に放っておくと症状が悪化したり、症状が広がったりしてしまいます。

そうならないように、早めに何かしらの行動を起こすようにしましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL