膝の痛みにサポーター

ソース画像を表示

膝が痛い方が、痛みの緩和目的で使われることが多い対処法として、サポーターがありますよね。

当院の膝の痛みの患者様からの質問として多いのが、

サポーターはつけてていいのか?

いつまでつけておくといいのか?

という内容です。

私の見解としては、つけてもつけなくてもどちらでも大丈夫ということです。

 

サポーターをしていないと痛みがあったり不安があるのであれば、つければいいと思います。

サポーターがなくても痛みがなく、不安もないのであれば、つけないという選択肢でもいいと思います。

 

当院の患者様でよくあるのが、膝の痛みが改善してきて調子が良くなってきた時に、サポーターをつけ忘れたということです。

その感覚になれば、心身ともにサポーターをつけなくてもいい状態ということが言えます。

 

人それぞれ、痛みの感覚などが違いますので、痛いのであれば無理にサポーターを外そうとはしなくていいと思います。

ご自身の中で、サポーターがなくてもいけそうな感じがするというタイミングで、少しずつ場面場面でサポーターを外していくという選択をしていただければと思います。

 

上記のことで、ご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL