肉離れについて

本日は、肉離れについてお話いたします。

部活が再開し、肉離れなどで施術に来る学生が増えています。

筋肉を痛めた場合、ほとんどの病院では「肉離れ」との診断を受けます。

ですが、肉離れにも大きく言うと3つの種類があることを、みなさんはご存知ですか?

しかも、病院で言われる「肉離れ」という状態の大半が「肉離れ」ではないことをみなさんは知っていますか?

 

まず、3つの種類を軽度なものから順番にお話いたします。

 

1、筋膜炎

筋肉の表面の筋膜と呼ばれる場所の損傷が起きている状態です。

2、部分断裂

筋線維が部分的に切れている状態です。

3、完全断裂

筋線維が完全に切れている状態です。

 

この中で、中高生で最も多いのが筋膜炎になります。

中高生に関しては、なくはないのですが、筋肉の中の水分量が豊富ですので、よっぽどの筋肉の疲労やよっぽどの力が働かない限り、部分断裂や完全断裂のような状態にはなりません。

軽度なものからと説明しましたが、あくまでも筋肉目線での軽度ということですので、痛み自体は筋膜炎でも相当なものがあります。

内出血が出たりすることもあります。

 

明日は、そうなってしまった時の対処法についてお話したいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL