疲労骨折について

最近来てくれている学生の中に、足の甲を疲労骨折した男の子がいます。

疲労骨折とは、ほとんどのものがハードな練習により、骨に付いている筋肉が疲労を起こし硬くなり、その硬くなった筋肉が引っ張ってしまい骨が炎症を起こしてしまう状態のことを言います。

それ以外で起こることもあります。

疲労骨折は、競技によって起こりやすい場所が異なります。

それに関しては、負荷のかかり方や、よく使う筋肉があるということが理由です。

 

病院や整骨院や整体院の施術は、ほとんどが骨がくっつく目安の期間が経つまで待つという守りの施術になります。

時間が解決してくれるため、特に施術自体は何をするというわけではありません。

 

当院の施術は、特殊な電気治療器により細胞を活性化させて良くなることを促すような攻めの施術になります。

最短での症状の改善を目指し、競技から離れるということを極力せずに症状を改善させます。

 

疲労骨折になってしまったらしょうがないです。

ですが、競技への早期復帰のために攻めの施術をする当院は、必ず困っている方々のお力になれるという自負があります。

当院は最短での競技への復帰を目指し、攻めた施術によりサポートいたします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL