成長期の野球肘の痛み

本日は、野球肘についてお話いたします。

私は、春夏通算5度の全国制覇を誇る神奈川県の甲子園常連校で11年間アシスタントトレーナーをしていました。

今までに高校生はもちろん、野球少年(中学生や小学生)の施術も沢山してきました。

 

野球肘とは、肘の内側に痛みを伴うもので、投球動作の際に筋肉に引っ張られてしまい筋肉の付着部が炎症を起こすという疾患です。

小中高校生のように、成長期の段階では骨が柔らかいため、特に症状を強く感じてしまいます。

悪化させてしまうと、筋肉の付着部が骨折してしまうことがあり、骨折してしまうとその際に生じた骨片が後々に悪さをしてしまうことがあるため、特に注意が必要です。

 

現在、野球人口はどんどん減っていて、深刻な状況にあります。

その一因が、指導者の行き過ぎた指導方法にあるとも言われています。

実際、数多くの野球少年の子供たちを施術してきて、指導者による投げさせすぎが原因のことが多いなと感じていました。

勝利至上主義が、少年野球の頃から徹底されているというのが投げさせすぎを生んでしまう根源なのですが、この話を始めてしまうと止まらなくなってしまいますので、この辺にしておきます。(笑)

 

話を元に戻しますが、野球肘の痛みに関しては程度にもよるのですが、練習量を落とす、もしくは投げないという選択肢を取らないと、症状は改善しません。

しかも、この選択肢に関しては、中途半端ではダメです。

きちんと期間を決めてやらないと、なかなか改善しないということになってしまいます。

私としては、極力休ませずに練習量を落とすという選択肢で施術をしていくことが多いです。

 

当院の施術の方法としては、NPB管轄のプロ野球チーム12球団中6球団(DeNA、阪神、中日、西武、楽天、オリックス)が使っている電気治療器を使い、症状の最短での改善を目指していきます。

プロ野球選手も、早期回復、早期復帰をする際に欠かせない治療機器になります。

 

早く良くなってチームに戻りたくないですか?

他との違いを実感してみませんか?

 

気になる方は、お問い合わせいただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL