オスグッド・シュラッター病

ソース画像を表示

オスグッド・シュラッター病とは、活動的な思春期の若者が、膝の下に痛みを感じる疾患です。

いわゆる成長痛として、知っている方や聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

12~15歳では、オスグッド・シュラッター病の有病率は、9.8%だそうです。

実際に私も、中学生の頃はオスグッド・シュラッター病で、膝の痛みに悩まされました。

男女比は、男性11.4%、女性8.3%で、男性に多いようです。

そして、20~30%は両膝に症状がでます。

ちなみに私も両膝がオスグッド・シュラッター病でした。

 

ジャンプの動作(バスケットボール・バレーボールなど)、または直接接触を伴う競技で多く発症します。

ちなみに私もバスケットボールをしていましたし、チームの中に何人もオスグッド・シュラッター病の子がいました。

 

オスグッド・シュラッター病のリスク要因としては、

体重が重い

ももの前側の筋肉の硬さ

ももの前側の膝を伸ばす筋肉の筋力低下

もも裏の筋肉が柔らかすぎる

このようなものがあります。

どれも可能性がありますので、当院では1つ1つの可能性を消していきながら、何が原因なのかを追究していきます。

 

基本的には、大半が手術はせずに完治していきますが、ごく稀に難治性なものがあり、手術により完治させていくケースがあります。

手術はせずにとは言っても、これぐらいの年齢の子供に運動するなというのはかなり酷です。

ですから、運動への参加を制限するというスタンスの方がいいでしょう。

 

多くの場合が、ももの前側の筋肉を柔らかくすることと、筋力をつけることが必要になります。

ですからご自身で出来ることとしては、まずはももの前側のセルフケアからはじめてみてください。

 

上記のことで、何かご不明な点がある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL