ただストレッチするだけでは肩こりは改善しない

ソース画像を表示

ストレッチをしているが、肩こりが全然良くならない。

本日は、そんなあなたのためにお書きいたします。

 

あなたは、このようなストレッチをしていませんか?

 

・肩がこってきたからストレッチ

・肩や首をとにかくグルグル回す

・こっている箇所を5秒ほどストレッチ

・こっている箇所をモミモミ

・ネットやSNSで見たストレッチをとりあえず実践

 

全てダメなことではありません。

ですが、1つでも当てはまる方は、これを続けていっても肩こりは良くなりません。

本日の内容で、正しいストレッチを知ってください。

 

肩こりが改善に向かっていく正しいストレッチ

1、20秒以上のストレッチを2セット以上

科学的に短すぎる時間でのストレッチと長すぎる時間でのストレッチは、筋肉に対しての効果がないことが分かっています。

そして、繰り返しやることで効果が出ることも分かっています。

 

2、呼吸を意識する

ストレッチをやる時は、大きく深い深呼吸をする事を意識しましょう。

4秒吸って6秒吐く腹式呼吸をすることで、血流もUPして筋肉の緊張もほぐれていきます。

 

3、続けることが重要

まずは1週間続けてみましょう。

長年の肩こりは、そう簡単には改善しません。

とにかく毎日続けることを意識して、取り組みましょう。

 

4、伸びている筋肉を意識する

ストレッチにおいて、伸びている場所を意識するということは非常に重要です。

効率も効果も格段に上がるというデータもあります。

 

以上、4つの点に注意して日々のストレッチをやっていただければと思います。

何か分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL