40肩50肩が良くならない方へ

ソース画像を表示

本日は、40肩50肩についてのお話です。

そもそも40肩50肩というのは、通称の言い方になります。

医学的な正式名称は、肩関節周囲炎と言います。

40代で肩の痛みがあれば40肩と言われますし、50代で肩の痛みがあれば50肩と言われます。

肩関節周囲炎という名前は、とても便利な名前で、肩付近で痛みがあれば肩関節周囲炎と言えてしまいます。

つまり、じっとしてようが動かしていようが、肩の周りで痛みがあれば40肩50肩と言えるというわけです。

 

施術の仕方についても、時期により異なります。

炎症があるから痛いのか?

硬まっているから動かないのか?

硬まっていて動かないから動かした時に痛いのか?

など、本来であればその人の症状に合わせて施術の方法を変えていく必要があるのです。

それを40肩50肩と判断して、その全てで同じ対応をする整形外科や整骨院や整体院が多いため、なかなか改善していかないのです。

間違った対応をすればするほど、症状が改善するどころか悪化するケースが多くなっていきます。

つまり、40肩50肩に対しての施術は、適切な判断という部分が症状を改善出来るかの大半の部分を占めており、非常に重要ということになります。

 

明日は、40肩50肩の症状における男女の違いについてお話いたします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL