慢性的な痛み

ソース画像を表示

本日は、慢性的な痛みについてお話いたします。

慢性的な痛みの場合、病院でしか健康保険が使えません。

1回当たりの料金の安さに惹かれて、整骨院や接骨院に行く方が多いと思いますが、整骨院や接骨院に慢性的な痛みで行っても、健康保険は使えませんのでご注意ください。

整骨院や接骨院で健康保険が使えるのは、原因が明確なケガだけですので、みなさんはくれぐれも、整骨院や接骨院がやっている不正請求に加担しないようにしましょう。

 

原因が明確なケガ以外の身体の不調のほとんどが、慢性的なものだと私は思っております。

明確な原因のケガだと、整骨院や接骨院で健康保険が使えますが、明確な原因でケガをしてしまった場合、まず病院へ行きませんか?

整骨院や接骨院は、レントゲンも撮れない、画像の診断も出来ません。

明確な原因でケガをしてしまった場合、そんなところに行きますか?

私だったら絶対行きませんし、家族や友人がケガをしてしまっても、整骨院や接骨院へは絶対に行かせません。

ですから基本的に、整骨院や接骨院というのは、ケガをした方が来るということはほぼないと思いますので、保険請求に関しては不正な請求をしてしまう方が非常に多いということが言えます。

 

話を元に戻しますが、人間は、かばって動かす代償動作というのが上手に出来るため、痛みが慢性化していくと、元々の痛みが分からなくなり、代償動作をした際に様々な場所へ負荷がかかるということがあります。

ですから、慢性的な痛みというのは、慢性的になればなるほど痛みの原因が分かりにくくなります。

 

当院の施術では、なぜそうなってしまっているかということを患者様に理解していただき、そうならないように施術をしていくことが多いです。

Googleのクチコミを見ていただけると、当院の施術の効果が分かると思いますので、お手数なのですがGoogleのクチコミを見ていただければと思います。

 

どこに行っても良くならない慢性的な痛みでお悩みの方は、是非当院にご相談ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL